MENU

アルファードは下取りで売るとなぜ損する?

アルファードを売却して新しい車を購入しようとしている方もたくさんいると思いますが、そういった時に間違ってもディーラーで下取りに出してはいけません。
なぜなら損をするからです。
一般的に下取りより買取の方が高い金額で売却することができるということが言われていますがそれは事実であって、揺るがしようのないことなのです。
アルファードの場合、新車価格が非常に高いので下取りでもなかなかいい金額になることは事実です。
しかし、その金額をはるかに上回る金額で買取店が買い取るというのも事実です。

 

これはアルファードが人気であることが最大の理由であること間違いないのですが、それともう1つ高額車両であるために新車ではなかなか買うことができず、中古車で我慢するといったケースが多いということも理由としてあるからです。
それによって比較的高めで推移しているアルファードの買取金額が更に高い金額になるということです。
買取金額は中古車市場での需要がすべて、どんなに優れた性能を持っていてもデザインがよくても中古車市場で需要がなければ、買取金額は一向に高くなりません。
そういった中、アルファードは車としての人気もあって、更に需要も高いということとなれば高い金額で買い取られるのも当たり前ではないでしょうか。
一方、下取りですがこちらは中古車需要の影響はほとんど受けることなく、ディーラーや自動車メーカーが作成した価格表に照らし合わせて価値を決めるだけですので、自動車メーカーが決めた物差しで見ることになるのです。
その証拠として例えばトヨタのディーラーとマツダのディーラーで下取り金額に大きな違いが生まれるということが出てきます。
今までは下取り金額というものがその車の中古車の価値として見られており、買取金額が下取り金額よりはるかに高いという言い方をしていましたが、むしろここまで買取店というものが普及してきた現在では、基準は買取店での買取金額になるといってもいいのではないでしょうか。
ここまで明確に買取金額の方が高くなるということがわかり、それが一般常識にまで上り詰めた以上、わざわざ下取りに出す必要はないように思えるのですがいかがでしょうか。

アルファードを下取りよりも高く売るには?

今乗っているアルファードを下取り金額より高く売るにはディーラーでの下取りを断って、後日買取店で売却すればいいだけです。
たったこれだけ、とても簡単なことだと思います。
しかし、売るからには少しでも高く売りたいですし、むしろ安くなって当たり前の下取り金額と比較すること自体がおかしいことですのでもっともっと上を狙っていきましょう。
そのためには車の準備と買取店選びが重要になってきます。
車の準備は昔ほど査定に響かなくなりましたが、一通りきれいにしておきます。
それはボディだけでなく、内装などもあわせてです。
それから壊れている部分がある場合はできる限りの修理はしておきます、ただしほとんどの場合は修理費用が査定額アップの金額よりも高くなることが多いため、費用の掛かる修理はしないでおきます。
査定前に行う車の準備としてはこれぐらいです。

 

そして買取店選びですが、買取店の買取金額というのは一応相場というものがあってそれに近い金額で買い取られることになるのですが、その買取相場というものはあくまでも結果論であって、買取店はその相場にあわせて査定額を決める訳ではありません。
買取金額の基本となるのはその買取店や買取店グループが決めた価格表ですので買取店の数だけ金額のバラツキがあるということになります。
買取店によってはトヨタを好むところ好まないところ、ミニバンを好むところ好まないところなどがあり、それによって同じ車、同じ状態でも買取金額に差が出てきてしまうのです。
その部分をうまくついたのが買取店選び、トヨタの車を好まないところよりも好むところ、大型ミニバンを積極的に買い取っているところを見つけ出して、それこそ下取りよりもはるかに高く、買取相場よりも高く買い取ってくれるところを探すのです。
探し方はいろいろありますが一番楽なのが一括査定サイトというものを使うこと、これはインターネット上にたくさん存在するもので、複数の有名どころからマイナーな買取店までいろいろな買取店が参加しており、そのサイト上で入力してデータを共有し、そのデータからはじき出された暫定査定額をメールなどで教えてくれるというものです。
今まであればあちこちの買取店に出向いたり、買取店のWebサイトで同じことを繰り返して、こういった情報収集をしていたのですが、この一括査定サイトを使えば家に居ながらにして1回の作業でこれができてしまいます。
はっきり言って便利です。
ここでいい買取店を見つけて高い金額で売却すれば、新車のグレードを上げることができるかもしれません。

アルファードの買取相場

現行型アルファードは、2015年の1月に発売されたばかりのバリバリの新型モデルで、価格帯も先代モデルより高くなっており、安くても約375万円、高いものとなると約700万円もします。
これだけ高い車両価格を持つもので更にまだ新しいということなるとかなりの買取金額が期待できますが、確かに買取相場を見るとだいたい500万から600万円といった形でかなりの高額買取になっているようです。
これもアルファードの価格設定があまりにも高すぎることから少しでも安く購入できる中古車に注目が集まっているからなのですが、1つ気になるのがこれだけ価値が高く、新しい車が中古車市場の結構たくさん流れてきていることです。
どの車も新型モデルが発売され、数か月後あたりからボツボツと中古車がべらぼうな金額を付けて販売されることがありますが、このアルファードのように一年も経たないうちにこれだけの量が中古車に回る、いわゆる売りに出されるということはあまり見ることがありません。
アルファード自体はそれほど悪い車ではなく、燃費は良くなったしリヤサスペンションもいいものになって乗り心地も向上していることでしょう。

 

なのにこれだけの量がたくさん出るということは何かしらの理由で購入する前に思っていた新型アルファードと違いを感じているという証拠です。
この傾向はこれからのこのモデルの中古車市場での価値に大きく影響してきます。
なぜなら一年も経たないうちにこれだけ売りに出されるということは、時間を追うごとにその傾向がどんどん進むということになるからです。
確かに現在は500万円以上で買い取るほどの価値を持っているようですが、これからどんどん売りが進み中古車市場にこのアルファードの数が増えたとしたらこの高額買取傾向もなくなっていくことになるでしょう。
大型ミニバンでこういった傾向になることは非常に珍しいことなのですが、現実的にそれが起こってしまっています。
そもそも大型ミニバンなどワンボックスワゴンの派生モデルであって、日本にはちょっと扱いづらい車です。
それを流行っているからといって購入する方が増えたためにいわゆるミニバンブームなるものが作られたわけですから、こういったことが起きてもおかしくないのではないかと推測されます。
どうやら新型アルファードは軽自動車やコンパクトカーのようにできるだけ早く売却してしまった方がいい車らしいです。

更新履歴